シンボリックでの私の変化⑨

私は、シンボリックに出会うまで、苦しいと思う自分と戦ってきたんだと思います。

6畳一間の5人家族の生活から、親をあてにしないで、収入を得るため若いころからアルバイトをして、

お金のない事による悔しさ、お金のありがたさ、そして人の愛情は、物による執着を超えること。

一人ぽっちは、さびしいと、自分の個性に苦しんできたこと。

世間の眼、人の評価に左右され、本当の気持ちを言えないがために、怒りとしてきたこと。

一緒に家にいたのに、助けてあげられなかったと、母の突然死。

私の人生、何度死んでしまいたいと思ったことか。。。正直わかりません。

離婚にしても、苦しくて、苦しくて、苦しくて。。

ずっと苦しくて自分自身と戦ってきました。

シンボリックメソッドは、自分自身をみつめることで、自分と戦わなくていいことを学びました。

シンボリックと出会って、少しずつ自分の心を見つめる時間をつくり、

本当に少しづつです。自分のこころを自分でみていくんです。

自分自身にもともと持っているチカラで、自分を否定することなく見つめていくんです。

そして自分とお話ししてみる。対話です。

どうして、苦しいのか?なんでなのか?

自分を見つめる作業のまえに、感情が優先するときは、

私は、その感情のまま、時間をまって落ち着いたら、またシンボリックでした。

気づいたら、私のエネルギーは、強くなっていました。

今の課題は、その強さを優しさに変えられることです。

私はまだまだ発展途上ですが、

生きる基盤にできるのが、シンボリックメソッドだと思います。

苦しいと思う自分と戦わなくても、自分をみつめる作業をすることで、

自分自身を否定することなく、

生きていく中で、例え今この瞬間、悲しみが襲い掛かる出来事が起きても

生きていこうと思えるんだと私は、思います。

シンボリックメソッドを教われば、変化が起きたり、幸せになれるのではなく

自分と向き合うことをしていった先に、後から気づきとして何かあるのかもしれません。

私は、生きる基盤となりました。

この記事でいったん「シンボリックでの私の変化」シリーズは終了です。

また、⑨以降の記事は、まとめていつか書いていこうと思います。

生きている今、私自身シンボリックメソッドを活用しつづける日々です。