シンボリックでの私の変化④

私は、石橋を叩いても渡らないタイプの人間です。

シンボリックを学んでから、自分がやってみたいことをまず、

頭のなかで思うだけじゃなく、行動してみることができるようになりました。

チャレンジできるようになりました。

チャレンジしてみなければわからない気づきをいただき、順調に事が運ばない時、

「私はどうせダメなんだ!」という思考から「こうゆうことでこの方法は私には、あわなかったんだ」

「じゃあこうゆう方法をとろう」と思えるようになりました。

たとえば、行きたかった陶芸教室。

看護の仕事もしていたので、価格より、自由な時間帯に参加できる教室を選びました。

ところが、自由な時間帯に行けるのはいいけれど、ほとんどひとりモクモクと

粘土をこねているだけで、ほったらかしにされている感じで私には、合いませんでした。

決められた時間の中で少人数の教室が、私には合っていることが解りました。

また、母の着物を自分で着られるようになりたいと

着付け教室に通いました。

仕事が終わってやっとこ、自分の趣味のため行きましたが、

覚えの悪い私は、何度も注意され行かなくなりました。

私は、楽しくないと心が動かないことを体験をもって知りました。

私は、なかなか行動に移せるタイプではなかったですし、

とにか何より、寝るということに執着しているタイプでしたが

やりたいなと思ったら、まずはやってみる行動する

そこからの出来事でも、もっと自分を知り、味方でいてくれる自分を知りました。

最初は、自分でやってみたいことを行動に移すことから始めました。

「大丈夫、うまくいくに決まってる。」って言い聞かせてみる。。

そして日々、やってみたいことを、シンボリックリーディングでだすようにしました。

例えば、こうして記事にしているパソコンですが、パソコンを持っていないし、

2年半くらい前まで「あいうえお」が打てない人でした。

どうしたって通って「あいうえお」が打てるようにならないと、携帯電話からのブログでは

もう限界になりました。

シンボリックリーディングで、シンボルを出します。

河と橋の景色がでてきました。

しかし自分でよくわかりません。

???そんな時、昔の職場仲間に勧められたとき、

議事録を提出したり、電子カルテにもなるのだからと紹介された

パソコン教室に10年前に通っていたらよかったよ~。と思いをつのらせました。

そうです!10年前にパソコンを習っておくように薦めてくれたところは、

河と橋がある場所です。

そして、本当にまったくできなかったけれど、

一生懸命教わって、なんとか記事を打てるようになりました。

やりたいと思うなら、行動してみる。

そして、例え途中でやめても、「やらなければよかった」と思うか?

「こうゆう方法は、私には合わない」と気づくか?

気づいたら、自分の肥やしになるという思考にかわりました。