シンボリックでの私の変化③

あなたは、ご自分のことが好きですか?

私は、「はい。私は自分の事が大好きです。」という、キラキラしている人のことが、実は嫌いでした。

例えるなら、眩しすぎてその光で目が痛い、目が開かないといった感じでした。

「なんて自信過剰なやつ!」そんなふうに感じていました。

それが私も、「はい。私は自分の事が大好きです」と

シンボリックメソッドを学び自分で自分のこころを見つめて、

思えるように、言えるように、記事にできるようになりました。

私のこと、楽天的にみえる方もいるようですが、

結構思考は、マイナス思考で、長年にわたり、前むきになるためのエッセイ集

難しい本を読んだかかぞえきれないほどです。

辛いとき、悲しいとき、なんとか脱出したいから、、ポジティブにと考えるけど、

逆にポジティブになれない自分を責めちゃったりなんかして、

もうこころの中、スッチャカメッチャカになりました。

シンボリックで五感を使いイメージをとり自分の心の状態をみていきます。

自分のことをみていくのに、講師のかたがお手伝いしてくれました。

私は、かなり頭でっかちだったので、イメージという言葉もわからなかったほどでした。

大事に大事に講師のかたに助けてもらいながら、自分のことを見つめていきます。

すると。。。いろんな自分に気がついていきました。

私は、自分のことが好きではなかったから、「私だ~い好き」という人に嫌悪感をいだいていました。

誰からの評価も気にする必要もなく、間違っている。正しい。しなければならない。。。 

そんな思考から解放されて、ただただ自分と向き合う時間。。

人見知りしてしまう私。

負けず嫌いな私。

プライドの高さ。

ぜ~んぶ。私なんです。

人を元気にできるとこと、素直なとこと、ぜ~んぶ私。

私には、可能性がいっぱいある。

ってことは私以外の他の人にも可能性がいっぱいある。

そう思えるようになりました。

シンボリックでの私の変化、自分のことが嫌いだった私は、自分のことが大好きになりました。

そして、辛いとき悲しい時、どゆうときに感じるのかきちんと理解できるようになりました。

否定することなく、自分を大事にしてあげること!

そのことによって身近な人も伝染していくんですね。