シンボリックでの私の変化②

私がセルフシンボリックリーディングコースを受講した時の変化です。

講座中、私は合間合間で、同じことを繰り返し言っていました。

「私ばっかり、残業になって、帰れなくてすごい嫌です。」「気づけば、挨拶もなしにさっさと帰ってしまうんです」

このように、仕事に対して、自分の思いを言っていました。

どうして「私ばっかり」のこころを見つめます。

さっさと帰るスタッフには待っている人、必要としてくれる家族がいて

とってもうらやましかったんです。

私だって、家に帰って、ご飯をつくって。。。のはずが、

待っていてくれる母が、必要としてくれる母がもういない。。

さびしかったんです。そしてうらやましかった。

だったら、私も好きな人をつくってもう一度、新しく家族をつくろう。

そのためには、仕事だけの往復生活から、友人と食事をする時間をとったり、

ショッピングに出かけたり、自分を満たしてあげることからしていこう。

私にすくできること。アフターファイブを楽しむんだ。

そのためには、他のスタッフにも自分だけで仕事を抱え込まないで

分担してもらえるように、「手伝って」を言おう

手伝ってもらったら、「ありがとう」と言おう。

そうやって答えをだし実行し、「なんで私ばっかり」の怒りの本当の自分の心の真実を

見つめ解決することができました。

「なんで私ばっかり」の怒りの正体には、実は周りのかたが教えてくれる大事なメッセージなので、

私にスルーしないよう気づかせてくれたんだと思います。

あなたは、どんな事で怒りの感情が湧きますか?

実はその怒りの正体、あなたにとって大事なことを教えてくれるメッセージかもしれません。

怒りの正体は、心の奥底に閉まってあって、

感情だけが浮きあがってしまうだけで、ひとりひとり正体は異なり、解決方法も

違うと出来事から気づくことができました。